フォンテンブロー宮殿・Le Château de Fontainebleau

フォンテンブロー宮殿はパリの南60kmに位置し、ナポレオン皇帝とゆかりの深い宮殿としてフランス人なら誰でも知っています。ナポレオンはロシア遠征の失敗とライプチヒの戦いに敗れた後1814年4月に無条件退位を交戦国から迫られ、同月20日正面広場で衛兵に別れを告げた後エルバ島へ流されました。2014年4月はその200周年.記念行事としてこの「フォンテンブローの別れ」の状況が再現されました。

私はこの間町はずれにあるビジネススクールINSEADとパリ大学その他における教職活動に従事しました。家族は5人で末娘はこの町産れです。ここで1975年から85年帰国するまで10年間住みました。それから30年後ほぼ毎年訪れる町は観光客や不動産仲介業者が増加し、にぎやかになりましたが教会の横の市場が移設されるなど寂しい思いもします。

2015年6月にINSEADは50年前の卒業生を招く行事を計画しており、私も世界中から集まる同期生と旧交を温めることになっています。

自己紹介

Masaru Yoshimori吉森 賢 Masaru YOSHIMORI

横浜国立大学名誉教授

主専攻:経営学、国際比較経営、グローバル経営

研究領域:企業統治の日米独仏比較・ドイツ企業経営

 

写真は慶應ビジネススクール大学院で2014年11月15日開催された「ファミリービジネス学会」の年次大会で招待講演をした際に同大学院の姉川知史教授による撮影です。実物以上であり大変気に入っています。先生にお知らせしたうえでここに利用させていただきます。

1938年福岡生まれ、秋田、鹿児島育ち。1985年3月フランス・モンペリエ第I大学(経済学博士, Docteur en Sciences économiques, nouveau régime,新制度)、指導教授: Prof.René MAURY, 論文表題 “Contribution à l’anlyse comparée des valeurs socio-culturelles du capitalisme au Japon et en France” (「日本とフランスにおける資本主義の社会・文化的価値観の比較」); INSEAD MBA, INSEAD (Associate Professor), Université de Paris IX-Dauphine (Directeur d’études),などを経て国際大学教授、横浜国立大学教授、放送大学教授を歴任。オクスフォード大学セントアントニ-ズ・カレッジ客員研究員(Senior Associate Member)、ベルリン自由大学DAAD客員教授(Gastdozent)。東京都立大学経済学部(学士入学)、東京外国語大学ドイツ語科。

実務経験:東京外語卒業後ライセンス、合弁会社、日本・外国市場参入戦略などにおいて荏原製作所、田辺経営、システムズ・インタナショナルにおいて実務とコンサルタント業務に従事。

最近の活動状況-2015年

● 新著作の出版
今年はドイツの同族大企業に関する著作を出版する予定です。内容はドイツにおける代表的同族大企業9社の事例によりこれらの所有構造、所有と経営の分離、公益財団設立による社会貢献と同族承継問題の解決と同族支配の永続化、同族統治と企業統治の構造と有効性、などを明らかにすることを試みます。対象同族企業はフッガー、フォルクスワーゲン、ポルシェ、BMW,クルップ、ボッシュ、ベルテルスマン、ツァイス、メルクの9社です。いずれブログで進捗状態をお知らせ致します。

新年おめでとうございます。今日は初版1990年「新入社員に贈る一冊」の改定8版が経団連出版社から発行される日です。私が25年前に執筆した新渡戸稲造「武士道」に関するする推薦原稿が掲載されています。私は新渡戸稲造を日本の国際人の原型と考えています。

この本は企業が新入社員の入社式などで配布する資料の一つとして制作され、私を含め50人の著者がそれぞれ推薦する本を紹介します。これら著者は学者、芸能人、弁護士、住職、手品師など多彩です。経営学では加護野、奥村、中谷、石倉の諸先生が執筆者です。この種の本がこのように長期にわたり販売されるのは珍しいです。

今もう一冊推薦する本は何かと聞かれればドイツの法学者ルドルフ・フォン・イェーリング「権利のための闘争」(岩波文庫)です。日本大学法学部における経営学の授業でもドイツ語の原文と日本語を対照しつつその論点を紹介しました。 続いて大阪の毎日放送制作のトヨタの過労死に関する遺族主婦の6年にわたる闘争史のビデオを受講生と見ました。

この著作は世界で最も多く読まれた法学書と言われ、日本では1886年西周により翻訳されました。ドイツ語を学んだ人々は是非ドイツ語原文“Kampf ums Recht”で読んでいただきたいです.文体は平易かつ明快で読みやすく、彼の情熱がひしひしと伝わり説得力を強化します。

最近の活動状況-2014年

● 12月6日 ドイツ経営学会主催の学会に出席。ミュンヘン大学のヴァルデンベルガー(Franz Waldenberger)にドイツの企業統治に関する講演を聞く。報告は流暢な日本語でなされた。彼とは会ったことは覚えていたが同氏は2回会ったと記憶しておりその記憶力に驚いた。
● 11月29日 日本経営学会関東部会 風間信隆明大教授の報告「ドイツ企業の統治と経営―フォルクスワーゲングループの企業統治とモノづくり競争力」の司会・コメンテーター、日本大学商学部。風間先生と質疑応答が白熱し、司会・コメンテーターの役割として参加者からの質問を求める時間が無くなる失態を演じることになった。申し訳ありません。しかし二人の見解の応酬は面白かったという参加者もいた。
● 11月15日 ファミリービジネス学会第7回全国大会 招待講演「同族企業の統治構造
の成功と失敗ードイツ・クルップ社とボッシュ社」、慶應義塾大学大学院ビジネススクール。加護野会長からは発表の前に参加者のために過分な私の紹介を頂きました。
● 10月25日 日本経営学会関東部会報告「ポルシェ社における同族統治」、一橋大学
● 7月20日 企業家研究フォーラム年次大会報告「所有権の社会的責任と公益財団ー
ドイツAlfred KruppとRobert Bosch」、大阪企業家ミュージアム
●  6月21日 日本経営学会関西部会報告「ドイツ同族大企業の企業形態」兵庫県立大学
●  6月3日 亜細亜大学呉サリー教授招待講義「トヨタとフォルクスワーゲン」。呉教授は横浜国立大学時代の私の修士課程の学生。
●  2月3、15日 麗澤大学専攻塾「経営の本質」。20年以上続いている講義。
● 1月24日 9年間にわたる非常勤講師として日本大学法学部における「経営学」と「国際経営」の授業が定年により終了。

学術論文

学術論文2006年以降

2007年以前日本語、英語、フランス語全論文こちら

「ドイツ同族大企業の法形態」、『日本大学法学部・政経研究』第50巻第2号、2013年9月pp.125-159

「フッガー家の公益活動と経営戦略」『横浜経営研究』第33巻第4号、2013年3月pp.23-40

「ドイツ同族大企業の公益財団と統治機構ーボッシュ公益財団とクルップ公益財団」、『日本大学法学部・政経研究』第48巻第2号、2011年10月 pp.85-123

「ドイツ医療関連同族大企業の企業統治ーメルク株式合資会社とフレゼニウスSE社」『医療と社会』 第21巻第2号 2011年7月 pp.121-135

「ドイツ共同決定制度と所有権の社会的責任」、『横浜経営研究』 第31巻第1号2010年6月 pp. 49-72

「企業統治と経営成果』、日本大学法学部政経研究所 『国家と市場をめぐるガバナンスの研究』 2008年 pp.131-153

「企業統治と経営成果の関連性―日本・アメリカ・ドイツの比較による視点」 、『放送大学研究』 第25号2007年pp.41-47

The Japanese National System of Corporate Governance, in Chapter 7, A. Naciri,

Editor, Corporate Governance around the World , 2008, Routledge, pp.172-197

私の恩人

ルネ・モリー・モンペリエ大学教授 (1928~2014年逝去)
Professeur René Maury, Université de Montpellier

上左Prof. René Maury, 私、Madame Marie-Hélène下左妻、Avène社経営者、2003年6月,化粧水、皮膚病湯治で有名な南仏アヴェンヌにて。

モリー先生と知り合った契機は1976年教員として勤務先のビジネスススクールINSEAD が主催した日本の企業経営に関する公開セミナーでした。私は日本人の思考様式がヨーロッパ人といかに異なるか、なぜその違いが生じたかについて述べ、これが日本人の経営行動にいかに反映されているかについて説明しました。モリー先生は私の話に非常に興味を示され、講演の後にフォンテンブローの町の中央にある一流ホテルでの昼食に招いていただきました。これがその後先生との40年近くにわたる家族ぐるみの交際の始まりとなりました。先生は日本人以上に日本的であり、二回目に会った時には先生の私的な問題で助言を求められたのには驚きました。


先生には私の博士論文の指導教授を進んで引き受けて頂き、多くの貴重な助言を頂きました。論文の表題も先生の有無を言わせない決定によります。また5人より構成される審査委員の委員長を務めていただきました。他の4人の委員については事前に人柄などについて教えていました。4人の内3人は指導教授が人選、一人だけは学部長が決定する委員構成でした。4人からの質問がすべて終了したのは2時間後でした。妻と長女も出席しました。その後合否決定のため小休止の後にモリー先生から合格が発表され、ミテラン社会党政権が誕生後博士論文の成績は廃止された旨が説明されました。それ以前の成績は最優秀のOvationでその他等級の成績が発表されたとのことでした。その後は大学慣例に従い私がシャンペンにより審査員の労をねぎらいました。
またQue sais-je? 文庫として1984年日本の経営に関する本を出版する機会を作って頂きました。同書は1987年改訂二版として14,000部増刷されました。子供3人は奥様のマリーエレーヌからも可愛がられ、一家は夏には先生の地中海の別荘で過ごすことができました。先生は2014年1月86歳の天寿を全うされました。ご冥福を祈ります。ありがとうございました。

畠山清二荏原製作所代表取締役社長(1922~1988年逝去)

左から畠山社長、尚子ご令閨、右端私―1979年3月出版記念パーティにて


畠山社長は私がINSEADに会社の費用で留学することを可能にしていただきました。1961年私は東京外国語大学ドイツ語科を卒業して同社に入社しました。それ以前から同社川崎工場に技術指導を行っていたドイツ人技術者の通訳をアルバイトとして行っていました。この時点で本採用が決まっていたように記憶しています。入社後は当時川崎工場長であった畠山取締役の下でドイツの企業との技術援助契約その他に関して通信、翻訳、通訳などにおぼつかないドイツ語で対応していました。60年代当時の日本は米欧企業との技術格差を改善するためにライセンス契約を中心とする技術提携が盛んに行われていました。
大学を出たての私にとってこの仕事は非常に困難でした。通訳・翻訳をするためにまず日本語の経営用語を勉強する必要が生じました。このため東京都立大学の経済学部に学士入学し、夜間の科目を受講しました。その後ドイツ企業との提携の案件が増え、私はさらに国際的な大学で勉強したいと思うようになり、INSEADで勉強しながらドイツ企業の情報取得や本社の意向を現地で直接伝え、交渉に従事することを提案しました。当初は会社としては初めての経験であったためすぐには実現しませんでしたが畠山社長が決定していただいたおかげで実現しました。 三谷氏の通訳としてLinde社との交渉は勉強になりました。帰国後の仕事としては、アメリカ、ドイツと日本での技術提携の条件交渉、ケニヤ、ウガンダ、タンザニアにおける工場建設の可能性調査などに従事しました。

武澤信一立教大学教授 (19261995年逝去)

武澤先生と知り合ったのは1973年ジェトロの企画によりシカゴの世界最大級のホテルPalmer House Hotelで行われたアメリカ企業が日本市場での成功を支援するための講演会でした。会場は150人から200人とも思われる参加者で熱気につつまれていました。当時既に繊維製品で日米貿易摩擦は始まりつつありました。駐米大使、先生の次に私の講演でした。多数の聴衆に英語での演説は初めての経験であり緊張しました。終わった後アメリカ人聴衆の何人かに温かい励ましの言葉を頂いたことは記憶に残っています。


これを機に先生からはダイヤモンド社の岩持氏を紹介して頂き「西欧企業の発想と行動」の初めての著作を刊行できました。写真は同書出版記念パーティにおける先生の挨拶です。同書は幸いにも日本経済新聞の日曜新刊書評欄に工藤記者により好意的に紹介されました。
先生からは様々な助言を頂きました。また1985年に10年のフランス滞在から日本の国際大学に就職する際には丁寧な推薦状を書いて頂き、また私の結婚式の仲人までしていただきました。
フランス滞在中先生はサバティカルをINSEADで過ごされ公開講演会などで話されることがありました。その英語は正確で格調高く、論理的で分かりやすく私にとっては大きな勉強になりました。

尊敬する先生

河野豊弘先生(1922~2014年7月逝去)

私が先生を尊敬する理由は第一にその著作が単なる理論に留まらず経営者や企業人にとっても経営活動に利用できる高度の実践的性格を備えていたことにあります。先生の1963年発行の「長期計画の基礎」は経営コンサルタント時代に長期計画を担当していた私にとり貴重な指針でした。1999年先生から頂いた自筆で謹呈と書かれた「新現代の経営戦略」は戦略の本としては第1級の著作であり大切に保管しています。第二に先生は年を取られてからも勉強熱心で常に日本のみならず外国の学会に出席され、前部の席に座られ積極的に質問をされました。フィンランドでの学会で先生は英語で質問をされ、報告者の発表を聞きながら熱心にメモを取られている姿は今でも鮮明に記憶に残っています。第三に先生の生涯現役の生き方は私に最も貴重な無言の教訓でした。それは92歳の天寿を全うされた2014年7月まで変わることはなかったと思います。

 先生がイギリスLong Range Planning誌の編集委員をされていた折、同誌に論文を書くことを依頼されました。書いた論文は“Whose Company Is It? The Concept of the Corporation in Japan and the West”として同誌1995 年夏号に掲載されました。先生からイギリス人の編集長が興味深い論文だと言っており「私も日本の編集者として鼻が高い」という葉書を頂きました。

 私は先生を手本として細々ながらも生涯現役の道を歩みたいと思います。

伊東光晴先生(1927~)

先生は私の東京外語時代の経済学の先生でした。200人は入る大講堂は常に満席に近く30代初期の先生はやや甲高い声で熱のこもった授業をなさっていました。先生の講義には聴く者を酔わせるような独特の人間味とリズムがあり、先生のゼミは志望者が多く、運の良い学生は今日に至るまで年1回先生の謦咳に接する会合を続けています。私はゼミ生ではありませんがその後「企業家精神衰退の研究」を出版した際にある小規模の会合でその要旨を発表したことがありました。先生は「企業家精神ねー」と疑問あるいは批判を意味するような口調でつぶやかれました。これがその後企業統治へと私の関心を向けさせた契機となりました。

先生は放送大学でも客員教授として講義をされ、その一部は名講義の一つとして再放送されたことがあります。私は先生の推薦で同大学の客員教授として、その後は選任教授として10数年を同大のテレビ、ラジオ講義に出演する機会を頂きました。私は長年社会人のために授業することに憧れていましたので実に貴重かつ楽しい経験でした。一番嬉しかったことはある主婦の学生から「私でもよく理解できた」と感想文に書いてもらったことです。また富山での面接授業では中年の女性からどんな質問でも答えて頂いたと言われ、卒業式では一緒に写真を撮られました。

 伊藤先生は若い時代は計量経済を研究されていたようですがその後理論だけでなく現実の経済問題をいかに解決するかが関心事であったと思います。ある時先生は「理論は灰色、現実は緑」とおっしゃったことがあります。どのような意味で言われたのかは聞きませんでしたが先生の現実への注視が表れているような気がします。この原典はゲーテの「すべての理論は灰色だ、そして人生の黄金の樹は緑に繁っている」であるとされています。

 先生は2012年2月講演中に倒れられましたがその後不死鳥の如く回復し、86歳の高齢にもかかわらず20014年歯に衣を着せないアベノミクス批判の本を出版されました。今後もご活躍を心からお祈りいたします。

私の趣味

私の趣味の一つは音楽です。父親は趣味としてバイオリンをやっていましたが、レコードも多く集めており、私は小さい時からフランスやドイツの軽音楽やダンス音楽、シュ卜ラウスのワルツやイタリア民謡、昭和10年代後半の日本の流行歌などなど雑多な音楽を手回し の蓄音機で聞きながら育ちました。そのせいか今でも音楽に関して は雑食です。
大学時代はベニーグッドマンとグレンミラーの映画に影響されスウィングジャズが好きでした。卒業してから聞いたバッハのトッカータとフーガニ短調です。導入部から展開部への劇的な旋律とリズムの展開はジャズにはない現代性に衝撃を受け、クラシックとの長い付き合いが始まりました。当時70歳前後のヘルムート・ヴァルヒャのオルガンによるアルヒーフのレコードだったと思います。以下に紹介する 好きな作品は私の心の宝物の一部です。いずれも名曲としてクラシッ クファンなら誰でも知っており、そうでない人も好きになれるものばかりです。したがって私は平均的なクラシック愛好家だと思って います。好きなジャンルは室内楽、協奏曲、宗教音楽です。曲想と しては強弱、緩急が明確で、節度の利いたロマン的情緒の作品と、相応する演奏様式が好きです。これにあてはまる曲としてまずモーツアル卜のピアノ協奏曲20番であり、シュミッ卜一イッセルシュテッ卜(指揮)、アシュケナージ(ピアノ)の演奏を通じて長い付き合いです。またシューべル卜のピアノとバイオリンの幻想曲(D834)の導入部は神秘的美しさであり、それに続く主題の劇的な展開と対照をなしています。いくつか の演奏家のCDを集めましたが、一生聴けるのはやはり名盤のほまれ高い1931年録音 のブッシュとゼルキンのそれと思います(輸入盤EMI cdh7610142)。
交響曲はあまり聴きませんがフル卜ヴェングラー指揮によるベートーベン、ブラームスのそれは別です。ベートーベンでは交響曲3番の「英雄」、指揮者フルトヴェングラーが第二次大戦末期の1944年12月中旬にウィーンフィルと録音した演奏には震撼させられました(輸入弁盤432989-2)。敗戦半年前のこの時点で指揮者も楽員も破局へ沈む祖国と自らの運命を自覚していたのでしょうか。第二楽章葬送行進曲は彼ら自身の葬送曲であるかのように悲痛で肺腑をえぐります。音楽は作曲者、指揮者、状況の三つで決定されるとはどこかで読んだことがありますがこの三拍子がそろった演奏です。フルトヴエングラーは反ナチスの疑いをかけられ、ゲシュタポの追求に身の危険を感じた彼は翌年初頭にスイスへ亡命 します。クラシックはどうもという人はこの演奏を状況を想像しながら何回か聴いてみていかがでしょうか。
音楽芸術と信仰心のもつ力の偉大さを実感させる作品はJ.S.バッハのマタイ受難曲ではないでしょうか。その中で迫害者達からキリス卜の信奉者ではないかと詰問されて、キリストを知らないと偽ったペトロの深い悔悟と慟哭を歌う7分強のアリア (第47曲一憐れみたまえ、わが神よ)は、私がこれまでの人生で最も深い感動を受けた音楽です。カール,リヒター指揮の演奏が日本では最も高く評価されているようで す(アルヒーフPOCA2184—6)。敬虔なキリスト教信仰者でもあったバッハで初めて生まれた作品と思います。
私がクラシックを本格的に好きになったのは75年から85年まで10年にわたるフランス滞在のおかげです。その第一のきっかけはクラシック音楽中心のFM放送France Musiqueです。原稿を書きながら、車を運転しながら、朝から夜遅くまであらゆる 種類の作曲家の作品やその解説、指揮者の聴き比べなどを楽しむことができました。
第二はコンサートです。入場料が安く、年中どこかで開かれています。特に教会で開催される音楽会は安く、庶民的でフォンテンブローでは馴染みのお医者さんに会ったことがあります。
わが5人家族が特に気に入ったものはバリのシャンゼリゼ劇場で毎日曜日行なわれる室内楽コン ザートです。それから日本に帰ってから30年、今でもやっているかわからないけどもう一度妻と共に10時頃から入りロに並んでみたいと思います。ここで聴いた東京クワルテッ卜のベート一ベンは日本人らしいまじめで緻密な演奏で聴衆の絶賛 を博しました。十数回聴いた同コンサートでこれほど聴衆から熱狂的拍手を受けた演奏家はなかったと思います。彼らもきっとこの時のことを記憶しているでしょう。日本人であることに誇りを感じた コンサー卜でした。また忘れがたい演奏は世界的ピアニスト兼指揮者のバレンボイムと3人の楽員とによるモーツァルトのピアノ四重奏曲です。私の好きな曲であり、10歳以下の子供3人は階段で座りながら聞きました。入場料は子供は無料、大人は一人たしか30フラン(80年約150 円)であったと記憶しています。
終わりに音楽への私の感謝 の気持ちを、シューベルトが 同じ気持ちをこめて作曲した 歌曲「音楽に寄せて」(An die Musik)の直訳・拙訳による歌詞に託します:
音楽―愛すべき芸術よ/人生の荒波が私に襲いかかる辛い時に/幾度私の心に/
温かい愛の灯をともし/より楽しい世界に私を招き入れてくれたことか/
あなたの琴線から流れるため息は/甘く、清い和音となり/私を天国の楽しいひと時へ招き入れてくれた/音楽―愛すべき芸術よ、あなたに感謝します。


ザルツブルク・モーツァルト誕生地にて
1982年8月